伊豆ひとり旅

源頼朝挙兵 山木判官平兼隆の館と香山寺の供養塔


1180年 治承四年の源頼朝挙兵の最初の標的

伊豆国の目代だった山木の平兼隆の館

伊豆の国市韮山の東側

山木の高台にありました

源頼朝の鎌倉幕府への道のりはここから始まりました

源頼朝挙兵 最初の標的 山木 平兼隆の館跡

源頼朝の最初の標的になった平兼隆

兼隆の館襲撃の軍勢には北条時政、北条義時の親子も加わっていたと伝わっています

三嶋大社の祭礼の日だったため、館の守りも手薄だったと

山木の高台一帯が平兼隆の館跡と言われています

山木 平兼隆館跡
山木 平兼隆館跡

戦国時代の北条氏の居城 韮山城址

韮山城の東側にある山木の高台一帯が平兼隆館跡といわれる場所です

今は高台の住宅街で何かが残っているというわけではありません

観光客向けのものが何かあるわけでもないので静かなところです

山木の高台 平兼隆の館跡からは富士山がよく見えました

富士山がよく見える景色のよい高台でした

伊豆の国がよく見渡せる良いところですね

山木 富士山
山木 富士山

今も地名は山木です

山木の地名
山木の地名

山木 平兼隆 香山寺の供養塔

香山寺 山木の高台の兼隆創建のお寺

山木 香山寺
山木 香山寺

平兼隆の館跡の先、山木の高台にある香山寺

兼隆が創建したお寺で、山木地区を一望できます

山木平兼隆 香山寺
山木平兼隆 香山寺

兼隆・香山寺

山木 香山寺
山木 香山寺

山木判官兼隆館跡と菩提寺香山寺

山木 香山寺
山木 香山寺

住宅街のほうにはありませんでしたが、香山寺には案内板がありました

山木 香山寺
山木 香山寺

由緒・略歴

平兼隆は治承四年1180年8月17日に逝去と書かれています

景雲山 香山寺 臨済宗建長寺派

山木 香山寺
山木 香山寺

本堂です

山木の一帯、そして伊豆の国が見渡せる高台にあります

山木 香山寺
山木 香山寺

香山寺 山木兼隆供養塔

香山寺 山木兼隆供養塔

山木 香山寺

この山木兼隆供養塔はわりと新しいもののようです

平成2年建立と書いてあります

伊豆の流人だった山木の平兼隆

伊豆の国の目代として取り立てられ、治承四年の源頼朝の旗揚げの最初の標的になってしまいます

山木平兼隆供養塔 香山寺
山木平兼隆供養塔 香山寺

香山寺に入って右側の奥に供養塔があります

本堂の少し下にあります

山木平兼隆供養塔 香山寺
山木平兼隆供養塔 香山寺



山木判官平兼隆館跡 【Google Map】
【住所】 日本、〒410-2141 静岡県伊豆の国市韮山山木820−5
電話番号・URL・Plus Code・施設情報・口コミなどはMapをクリック



山木判官平兼隆の墓 【Google Map】
【住所】 日本、〒410-2141 静岡県伊豆の国市韮山山木868
電話番号・URL・Plus Code・施設情報・口コミなどはMapをクリック

挙兵した源頼朝は守山から戦況を見守っていたようです

山木を攻めるまでに守山八幡宮で戦勝祈願しています